深部リンパトリートメントをお受けになる方に

事前にご承諾頂きたい内容を下記に示しております。
下記の内容を十分にご理解頂いた上で、施術をお受け下さい。

1.深部リンパトリートメント(以下DLT)の施術は、ドイツの医療現場で行われているフェルデン式リンパドレナージュの理論を応用したものです。理論は医療から派生しておりますが、治療を目的としたものではありません。

 施術対象はあくまでも、健康な人に限っております。その為、お問い合わせ事項で、あるいは、当日身体に何らかの異常があった場合は、施術をお断りする場合がございます。

2.DLTはリンパ管に直接働きかける多くの手技を複合的に組み合わせることにより、従来のリンパドレナージュの10倍以上のリンパ排液効果をもたらすものです。その為、施術中・施術後に 身体に様々な変化が現れることがあります。施術の途中でも体調の変化などで不安を感じられた時は、我慢せず、すぐお申し出ください。

3.DLTは医療から派生した技術を使用しています。しっかりとした知識と技術を学ばずにマネをされますと、効果が発揮されないだけでなく、受けたクライアント様とのトラブルになる可能性があります。

 見よう見まねで流用するようなことは決してなさらないでください。

4.西洋医学のリンパ理論に加え、東洋医学の侵害刺激理論である、「フラッシュ手技」も併用して行います。このフラッシュ手技は、痛みを伴い、同時に皮膚表面を発赤させます。また、お客様のセルライトの量や肌質、年齢、新陳代謝のレベルにより、内出血を起こす事があります。

 内出血は最初に赤色→青色→紫色に変化して、その後消失します。「通常は数週間で自然に消失致します。

5.施術後、体調などに変化が現れた場合は、セラピストに必ずお知らせください。また、医療機関へ受診される場合にも、必ずお知らせ下さい。

6.何らかの疾患をお持ちの方は、必ずその旨をお申し出ください。また、お問い合わせ事項に記載されている疾患のある方は、DLTをお受けになることはできません。

7.施術後、だるさ・筋肉痛などの症状や、まれに、動悸・息切れ・頭痛などの症状が現れることがありますが、おおむね一過性のものです。ご心配はいりません。また、ご心配の際には、遠慮なくセラピストにお尋ね下さい。

8.施術前後の変化を評価する目的で、施術部位の画像を撮らせていただくことがあります。なお、画像のデーターは、個人情報保護法の規定に従い、ご本人の承諾なく公開することはありません。

トップへ戻る